坐骨神経痛

メインイメージ

坐骨神経痛の症状

  • おしり、足に痛みやシビレがある。
  • おしり全体にだるさ、違和感がある。
  • 足に力が入らない
  • もともと腰痛がある
  • 片足重心で立つことが多い
  • デスクワークや運転で長時間座り姿勢が続く
  • 立ちっぱなしや座りっぱなしで腰やおしりが痛くなる
  • ヘルニアの診断を受けたことがある。
坐骨神経痛の症状イメージ

坐骨神経痛は、おしりから太もも、ふくらはぎにかけて痛みやシビレが起こります。
椎間板ヘルニアや椎分離すべり症、脊柱管狭窄症、お尻の筋肉が過度に緊張することによる神経の圧迫などが原因としてあげられます。坐骨神経痛が起こる原因として、様々な要因はありますが多いのは日常生活での悪い姿勢です。姿勢の悪さから、全身のバランスが崩れ、骨盤・骨格がゆがみ、お尻や足の筋肉が固くなってきます。
当院では原因である骨盤・骨格の歪みを整えて、筋肉の緊張や神経の圧迫を改善していきます。

20:30まで受付可能!
お気軽にお問い合わせください。
0835-23-1721じざいなにいち(はやく)
お問い合わせ
受付時間
9:00-12:00
15:30-20:30
土祝は18:30まで

18:30まで

18:30まで
page top